HOME

Welcome to Heat and Fluid Flow Laboratory
English Page



中山先生が3月で退官し、桑原・佐野研究室になりました!

熱流体解析ソフト"SAINTS2000" フリーダウンロード!!


管理人の独り言

 流れを伴う熱・物質移動現象は身の回りにあふれています.例えば,風で考えてみましょう.風は海から湿った空気を運び,都市などで温められる事で上昇気流を生み,上空で冷やされた空気は雨となるわけです.これは相変化を伴う物質と熱の関連問題です.私たちが風にあたると 寒く感じるのも,実は伝熱が関係しています.冷蔵庫,ヒーターも典型的な伝熱現象を応用している機器です.料理,もちろん,これも熱・物質移動現象なのです.
 さて,教科書に載っているような,円管や平行平板間の輸送現象であれば,ペンと紙さえあれば,ある程度予測することができますが,少し複雑な構造体内の輸送移動現象,かなり複雑な構造体内ではどうでしょうか.通常,構造が複雑になるにつれて,輸送現象も複雑化します.我々の研究室は複雑な構造体内での熱・物質移動現象を専門としており,都市気象モデルの提案,機能性膜モジュール解析(電気透析,RO,人工透析,人工肺),ナノフルイドの有用性の検証,珈琲の抽出現象などを扱っております.





研究内容
メンバー
イベント
論文
出版物
リンク
BBS
ゼミ
進路
Johoku 3-5-1 Hamamatsu Japan
Depertment of Mechanichal Engineering
Nakayama & Kuwahara & Sano Laboratory